売上の悩みは、カレーライスと同じです。

お店の業績や売上の伸びに悩むのは
誰にでも起こりうることです。

ですが、ご安心ください。

一時的に売上が下がることは
実はそんなに怖いことではありません。

売上が下がった原因さえわかれば
そこに手を加えることで売上は
回復します。

本当に怖いのは、
「なぜ、売上が下がったのか」
という理由を発見できないことです。


特に、売上や業績に悩む人は
「売上」という全体像を見て
悩んでいることが多いと思われます。

では、どうすれば速やかに
売上の回復に移れるのか?

それは、「分解するクセ」
つけることです。


例えて言うなら、
「売上」「カレーライス」です。


カレーライスを作って食べてみたが
なんだかマズイ。
そのカレーライスを捨てて、また
新たにカレーライスを作るがコレもまた
マズイ・・・。

作る→マズイ→捨てる

この繰り返しをするということは
経費をどんどん捨てているのと同じことです。


では、どうすればいいのか?

まず、「カレーライス」を分解して見てみましょう。

すると「カレー」と「ご飯」に分けられます。
その上で、このどちらにマズイ原因が
あるのかを探してみればいいのです。

すると、「カレー」には問題がないのですが
「ご飯」に原因があることに気づきます。

では、今度は「ご飯」を分解してみましょう。

ご飯の出来具合は
「米の品種」「水加減」「炊き方」の
3つに分解することができますよね?

今回のご飯はなんとなく「水っぽかった」
と思うなら、原因は「水加減」です。

つまり!

カレーライスがまずかった原因は
「お米の水加減」が悪かったことだと判明。

今後は、カレーの作り方は従来通りで
ご飯を炊く際の水を少し減らせば
美味しいカレーライスの出来上がりに
なるというわけなのです。


どうでしょう?

お店の売上もこれと一緒です。

「売上」という、単なる「合計金額」を
みて悩んでいないで、まず分解。

すると、

売上=客数×客単価

というふうに分解できるのではないでしょうか?


こうやってみると、
「売上が減った」のではなく、
「客数が減った」のか?あるいは
「客単価が落ちてきた」なのか?
原因のありかに近づきます。


もし、客数が減っているのなら
集客・宣伝・広告に力を入れれば
売上は戻ります。

逆に「客単価」が下がっているなら
販売促進に力を入れましょう。


ここをハッキリ解明せずに
なんとかしようと行動するので
どんどん悪化していくわけです。

「売上が落ちたから」といって
チラシや広告を増やしてみたりするが
実は、問題は客数ではなく
客単価だったりするので
広告費はかさむが、売上が伸びない・・・。

ということが普通に起こっているわけです。


ですから、とにかく「分解するクセ」
つけてください。

分解して、必要な部分に必要な分だけ
手を加えること!

そうすることによって、
時間は最短、経費は最小で
済みます。

また、これにより今までの
ムダにも気づくことができます。









Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA