売上を生む広告

個人店舗、小規模企業専門のコーチング

*

それをやるから儲からないんです!

   

私のメールボックスに届く様々な相談の中に
「売上が伸びない・・・」という悩みの相談が
なくなることはありません。

しかし、多くの場合、悩んでいるポイントが
違います。
正確に言うと「悩むべきポイントを絞れていない」
というのがほとんどです。

どういうことかというと、
「売上が伸びない」と悩むのは、ボンヤリとした
広い範囲を眺めて悩んでいるようなもの。

ですので、私は相談の中で
「本当に悩むべきところ」をはっきりさせる作業を
します。

「売上が伸びない」ではなく
「新規客が少ない」から「売上が伸びない」
「来店回数が少ない」から「売上が・・・」
「購入点数が減った」から「売上が・・・」

というふうに、

「売上」が減っているのは何が原因なのか?
というポイントをハッキリさせるわけです。

すると、「今日から何をするべきか」が
明確になるので、悩んでストップしていた
頭も手も動き出します。

売上の伸び悩みの原因だったポイントが
改善されれば、当然ですが売上は戻ってきます。



しかし、それでもうまくいかない人が
いるのも事実です。

・問題点を明確にした。
・具体的に何をしたら良いか決めた。
・その作業に取り掛かった。

にも関わらず、良い報告が聞こえて来ない。



では、なぜそのようなことが起きるのか?

その原因は「脱線」でした。

「今、やるべきことはそれじゃない」
ということに時間を使っている人が
意外と多かったのです。


例えば・・・

「お店のブログをやりましょう」という
ことで、ブログの作成に取り掛かったのに

「ヘッダーの画像はコレじゃダメだろうか?」
「写真の大きさが・・・」
「テンプレートは緑か?イヤ、黄色がいいのか?」

というようなところに時間を使っているのでした。

そもそもは、ブログで商品やキャンペーンの情報を
発信して、ネット上からの客数を増やすことが目的
だったわけです。

なので、

ブログを作り、TwitterやFacebookと連動させて
そこからアクセスをブログに呼び、
記事を読んでもらう人数を増やすこと。

をしなくてはなりません。

つまり、
「記事を読んでもらってナンボ」
ですから

・記事を書くこと。
・Twitterなどでそれをつぶやく。

この2つに集中すべきなのです。

ブログの背景の色やヘッダーの画像は
二の次、三の次でいいことなのに、
そこに集中してしまい、肝心のことが
おろそかになってしまっては意味がありません。


このようなミスをしてしまう人の多くが
「マジメな人」であることがほとんどです。

マジメだからこそ、色々と考えてしまいます。
「見てくれる人が少しでも楽しく見れるように…」
「スマホで見る人は、画面が小さいから…」
「見てくれる割合は女性の方が多いから…」

というように、先々のことまで真剣に
考えてしまうので、気になることが
アレコレと出てきてしまうのですね。

たしかに、その気持ちは大事なことです。

しかし、その間に売上減少や経営不振で
最悪はお店が潰れてしまったら、大事な
お客さんに商品・サービスを提供すること
すらできなくなってしまうのです。

ですから、まずは「最優先のことだけ」
やるようにしてください。

「いずれ必要になるから…」とか
「あればもっと良いから…」ではなく

「今、必要なのは」

ということに集中しましょう。

 - マインド ,