売上を生む広告

個人店舗、小規模企業専門のコーチング

*

クリスマスです!盗み放題です!

      2015/12/10

さてさて、早いもので12月。
街はクリスマス一色になりましたね。

街中に限らず、ネット上でも
話題はクリスマスですし、
ネットショップもクリスマス商戦の
装いになりました。

皆さんもプレゼントを選びに
買い物に出かけるかと思いますが
私からお願いがあります。

ぜひ、盗んできてほしいものが
あります!!


当然のことながら、ダイヤやルビーでは
ありません。
それは泥棒ですのでご遠慮ください(笑)


では、何を盗むかというと
「売り方」ですね。

そのお店で、どんな言葉で商品を
売り込んでいるのかを見学して
来てください。


クリスマスは、ものを売りやすくして
くれます。
アクセサリーやおもちゃ、家電など
普段買わない価格帯のものでも
この時期には売れていきます。

例えば「指輪」にしても
正直クリスマスとは関係ありませんよね?

「クリスマス」=「指輪」

そんな公式はありませんからね。

そこで、お店はどんな「こじつけ」で
指輪を売ろうとしているのか?

「こじつけ」というとイメージ悪いですが
セールスというのは、ある種の「提案」である
と言い換えることができます。

「**だから買いませんか?」
というお店からお客さんへの
提案です。

この
「**だから〜〜〜」
というのが重要なポイント。

この提案が優秀であれば
どんな物でも売ることが可能になります。

指輪であれば、
「20代女子の【Xmasプレゼントで
 貰って嬉しい物ランキング】では
 毎年TOP3に入るのが指輪で〜〜〜」

という情報を与えたりすることで
「ね?だから指輪買った方がいいよ!」
と提案するわけです。

また、それにプラスして
「さりげなく、気になる女性の
 指輪のサイズを知る方法」
「ゼッタイに外さない指輪の選び方」
「20代女子100人に聞いた
 『嬉しかった指輪の贈られ方』」

などといった情報を提供したり
することで、

1、「こうやってサイズを知ればいいよ」
2、「こういうの選べば間違いないよ」
3、「で、指輪買うでしょ」
4、「渡し方はこれがいいよ」

とトータルで提案することで、
男性が指輪をプレゼントに選ぶ率を
どんどん上げていきます。


これで見事に
「クリスマス」と「指輪」が
繋がるわけです。



今の時季に街中やネット上のショップを
見ると、この「提案」の見本がズラリと
並んでいます。

各お店が、なんとかクリスマス商戦に
勝とうと必死に考えた売り方を無料で
学ぶことができます。

勉強するには最適なシーズンではないでしょうか?


クリスマスプレゼントに限らず
いつ、何を売るにも、大事なのは
この「提案」です。

売り手からすれば「提案」ですが
お客さんにとっては「きっかけ」に
変わります。


お客さんは、あなたの提案を受けて
それを「きっかけ」として購入に
踏み切ります。

ですから、
「どんなきっかけがあったら欲しくなる?」
というのを考えてみると提案をしやすくなります。


あなたの商品やサービスとは
一見まったく関係ないことでも
うまくつなげることができれば
どんなタイミングでも売ることが
できるようになります。


すんなりと誰もが納得する提案が
できるようになるために練習するのも
良いかもしれませんね。








 - コピーライティング, 店舗