売上を生む広告

個人店舗、小規模企業専門のコーチング

*

まずは、勉強をやめましょう!

   

4月というのは新年度の始まりですね。
卒業があったり、入社式があったりと
それぞれが新しいスタートを切るシーズンです。

それに関係しているのか、2月から3月に
かけては、普段よりも質問や相談のメールが
増える傾向にあります。


そんな中で「あること」に気がつきました。


売上を伸ばしたり、集客数を増やすための
勉強はほとんどの方がしている。
もちろん、量や形の違いはありますが
なんらかの勉強をしているわけです。

にも関わらず、

「それによって売上が伸びた人」
「それでも売上が伸びない人」

に分かれるのです。


「その差は一体なんのか???」

ということを明らかにするために
電話やメールで聞き取り調査を
実施してみました。

かなり大変な作業でしたが、
その甲斐あって、謎は全て(たぶん)
解けました!!


その答えがこれです↓↓↓


【勉強しても上手くいかないパターン】
・いつか必要になるかも
・これも知っておけば損はない
・流行っている
・知り合いが勉強していた
・人からススメられた
・自分に足りない分野だと思った

といったような考え方で
いろんな書籍やセミナーを選択し
相当な時間と経費をかけて勉強を
している人。


【勉強して成功しているパターン】
・必要になってから勉強した
・メンター*から言われて勉強した

というように、実際に商売をしていく中で
必要に迫られてから勉強を始めたり、
メンター*から「あなたはこれを勉強しなさい」
と言われたことを勉強した人。


*メンターとは
・・・仕事上(人生でも)での指導者、助言者。
   育成をしてくれる人のことを言う。
   ここでは、コンサルタント、コーチなどが
   それにあたる。


おそらく、少し違和感や疑問を感じた
人もいるかもしれませんね?

「自発的に勉強する人の方が良いのでは?」
「必要になってから勉強するような心がけ
 の人が上手くいくのか?」

といったところでしょうか?


確かにその通りです!


しかし!
ここが要注意なのです!


確かに自発的に勉強する方が絶対に
良いのは確かです。

しかし、
「何を勉強するか?」を自発的に
探してはイケナイということです。


世の中には、いろいろな情報が
あふれています。

ネットで検索すれば、すぐに情報を
拾うことはできますし、Amazonで
クリックすれば翌日には欲しい本が
届きます。

セミナーや教材の情報も簡単に
探し出すことができるでしょう。

だからこそ、要注意なのです!


商売やビジネスに関わるジャンルを
勉強しようとすると、
・マーケティング
・集客
・ネット活用法
・コピーライティング
・広告の書き方
・セールストークの組み立て
・消費者心理
・リピーターを作る方法

などなど、非常に多くのジャンルが
あることに気づきます。

そして、そのほとんどのジャンルに
教材やセミナーが存在していることも
知ることができます。


そうすると、、、

「これはいつか使うかもしれない」
「将来的にはネット活用法も必要になる」
「文章術はどんな場面でも必要になる」

と思ってしまい

「いつか必要になるだろう」ということを
勉強しようとするのです。


残念ですが、おそらくそれらの大半は
必要となる場面を迎えることはないでしょう。


それよりも、
「今、自分は何をすべきか?」
をはっきりとあぶり出すことが大事です。

そのためには、あなたやあなたのお店の
今の状況を見て、何を最優先でやるべきなのか?
ということをメンターに教えてもらうのが
一番早く、一番効果的なのです。


例えば、「客数が減ったから集客が必要だ」
とあなたが思った場合に、
・広告の書き方
・広告の出し方や種類
・集客力のある商品作り
・口コミになる話題作り
・客足を増やす看板の作り方
・ネットへの広告の出し方

など、数多くの手段の中から
どれを選びますか?

そして、選んだものが絶対に
正しいと言い切れるでしょうか?


もし、その時点でミスがあれば
時間や経費だけでなく、その間に
得られるはずだった売上すら失うことに
なります。


私のところにも「集客したい」と
いう相談がほぼ毎日届きます。

しかし、正しい対処どころか
やるべきことの見つけ方が
わかっていないことの方が
多いのが事実です。


「客数を増やす」という目的で
新規のお客さんを獲得するために
広告の作り方を教えて欲しいと
申し出てきた方と、時間をかけて
話てみたところ、

結果的にそのお店では
新規客は十分に来店していました。

それでも売上が伸びないのは、
客数ではなく、「購入点数」に
問題があるからだと判明したのです。

つまり、一人あたりのお客さんが
購入してくれる商品の数が少ない
ことが問題点だったのです。

にも関わらず、彼女は
「広告の作り方」を勉強しようと
していたのですね。。。


この方には、
「購入点数を増やしてもらう方法」
をしっかりと勉強してもらい、
結果として売上を伸ばすことが
できたわけです。


この時に、「何を勉強すればいいのか?」
という部分は、私から教えましたが、
それを進めていく段階での調べ物や
お店でのテストは彼女自身で自発的に
やるようにお願いしました。


「自発的」に行うべきなのは
「何をするのか?」をはっきりさせた
後なのだということです。


もし、あなたが今、何かについて
勉強しているのでしたら、一度
「これは今すぐ必要か?」と
考えてみてください。

また、
「何が必要か?」
「どこを勉強すればいいのか?」
ということがわからない。。。

という場合には、その道のプロを
探して相談するのが賢明でしょう。

 - マインド, 店舗 , ,